一人で作る営業システム

 

 

 ポイント

一人で営業するにはできるだけ労力と時間の無駄を省き
効率的に仕事をしていかなければなりません。

特に商品が売れるかどうかのリサーチが大切となります。
そして商品の魅力も伝えなくてはなりません。

通常はスタッフを雇わなければならないところを
バーチャルスタッフを雇うことで補うことができるのです。

あなたのすることは
リサーチと営業までをするバーチャルスタッフを使いこなすだけです。

ここではバーチャルスタッフを使ったリサーチ方法を具体的に説明します。

 

 

 

【リサーチと営業までの自動化】

 

 

 

営業の無駄をいかにして省くか

 

一人で営業システムを作るときにまず考えなければならないことは
いかに無駄を省くかということです。

 

 

 

問い合わせの多さだけに喜ばないマインドを作る

 

問い合わせはとても嬉しいものです。
ですからどんな人からの問い合わせに対しても一生懸命返信をするのですが
あるときに気が付きます。

それは興味の薄い人からの問い合わせがいかに多いかということです。

人員が揃っている会社であればそれもありがたいことではあると思いますが
一人で仕事をするとなると非効率的であると言わざるを得ません。

 

 

 

ターゲットを明確化する

 

本来の仕事に集中するために
購入動機が薄い人の問い合わせをいかに減らすかが大切になります。

となるとあなたの販売するモノやコトに当てはまる属性の人にだけ
情報をお届けするようにすれば良いということです。

そこで登録者の選択をするということになります。

これについては後述しますので先に進んでください。

 

 

 

 

バーチャルスタッフの仕事内容

 

バーチャルスタッフとはステップメールシステムのことです。

商品やサービスサイトでは独自の付加価値までは伝わらないものです。
なぜならサイトを見る動機がリサーチだけという目的が多いからです。
平均しても1秒か2秒足らずで離脱して次から次へと移っていくからです。

ですから理解に時間がかかるものはほぼ避けられていると言っても良いでしょう。

ですが本当に知りたいと思ったらメルマガ登録までしてくれます。

そこからバーチャルスタッフが一定間隔で情報をお届けするというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

登録フォームの登録率について

 

せっかくバーチャルスタッフを使っていても
登録してもらえなければ仕事のしようもありません。

そこでいかにして登録してもらうかを考えなくてはいけません。

そしてそれこそが最優先すべき仕事となるのです。

よく「良い商品は口コミによって自然に広がる」という言葉を聞きますが
はっきり言って宝くじに当たるのを待つようなものです。

ですから
商品開発とセールス(マーケティング)は同等に力を入れるべきものなのです。

 

 

 

 

 

 

フォームをたくさん作ってリサーチを重ねる

 

メルマガ配信システムの優れている点は
フォームをたくさん作ってリサーチができるということです。

そのようにリサーチを進めていくと

反応率が高いフォームが必ずでてきます。

まだという場合はリサーチが足りていないか
アプローチの仕方が間違っているかのどちらかということになり
それも経験値として蓄積されるので貴重なデータとなります。

 

 

 

 

 

リサーチの方法

 

リサーチするには登録フォームを掲載する媒体が必要になります。

簡単なものとしては無料ブログでも良いのですが
商用とみなされてアカウント削除のリスクもあるので
商用可能なブログサービスを使うようにしましょう。
(WordPressはもっとも信頼性が高いのでオススメです)

そしてSNSで拡散して認知度を広めていきます。

いきなりSNSでリサーチするという方法もありますが
効果は薄く、むしろ嫌われるリスクが高まるのでここではおすすめしません。

そうしてリサーチを始めてみるといろいろなことが分かってきます。

よくあるのがSNSに書いた記事には多くの「いいね!」が付くのですが
登録数はゼロのままという現象です。

そこで「あれっ?どうして?」と感じると思いますが
これは不思議でもなんでもないことで、
街ですれ違った時に挨拶を交わすようなものだからです。

だから多少時間がかかってもブログを育てたほうが良いということです。

 

 

 

登録数を増やすにはどうしたら良いのか?

 

これが分かっていれば誰も苦労しません(汗)

仮にこうすれば集まるよというノウハウがあっても
商品のジャンルによっては当てはまらないかも知れないということです。

ただ共通する点を上げることは経験上できます。

 

 

 

 

 

 

どこにもない商品やサービスの場合

 

これは稀な例ですがこの場合は商品ジャンルはどこにでもあるものだとしても
デザインが飛び抜けているなど他との差別化ができているものです。

こういった商品やサービスの場合は価格をオープンにしないで
登録制にするだけで登録数が増えて行きます。

 

 

 

珍しさは少ないが高価値なものである場合

 

リサーチ目的は最安値のものを探すためです。

珍しくない商品は価格競争に巻き込まれやすく、
ページも深読みされないので例え差別化の説明が書かれていたとしても
読まれないという現実があります。

そして残念ながら多くの商品サイトはこの例に当てはまります。

 

 

 

 

価格競争から免れる方法

 

そのような土俵に上がって差別化を図るにはどうしたら良いのでしょうか。

サイトに訪れた人に真っ先に「えっ?」というプレゼントをすることです。
それだけです。

では何をプレゼントすれば良いかということですが
それは販売しようとする商品のジャンルによっても変わるので
そこも真剣に考えましょう。

ただここでのプレゼントは有料級のものでなくては
誰も興味を示してくれないということは理解する必要があります。

ですから真剣にプレゼントを作ってください。

一般的なPDF資料や限定公開動画、写真など、商品の魅力を伝えやすい
もので作ると良いでしょう。

特設サイトに案内するということも「特別感」を感じてくれるので魅力となりますね。

いろいろ考えてみましょう。

 

 

 

リサーチ実践手順

 

 

リサーチするには登録フォームが必要になります。

そして切り口別にフォームを複数作るのですが
無料の登録フォームですと作成数に限りがある場合も多く、
メルマガとの連携もできないので物足りなく感ずるでしょう。

そもそも収益を増やす為のシステムならば
最初から有料のシステムを選んだほうが良いのは言うまでもありません。

私も初めは無料から始めて、次に有料のシステムを使い始めたのですが
ただ価格の低いものを選んだ結果3度も切り替える羽目になりました。

そういう変遷を経て
今は[エキスパ]で落ち着いています。

 

エキスパはこちら

 

他にも魅力的なシステムもあったのですが
[エキスパ]だけにある

・ランディングページ(販売ページ)作成ツール

・決済機能付きの商品ページ作成ツール

が決め手となりました。

 

 

 

ランディングページ(販売ページ)は無料で作れます

 

 

[エキスパ]だけにある

・ランディングページ作成ツール

ですが、

なんと、[エキスパ]に無料登録するだけで使えます!

 

 

エキスパはこちら

 

 

 

リサーチで売れる売れないが分かる

 

 

切り口別にフォームを複数作ると
やがて登録数に差がでてきます。

そして登録数が伸びたフォームの登録者こそが
もっとも購買率の高い見込み客となるわけです。

そしてこの時点で価格競争からも距離を置くことができたということです。

 

 

 

 

ステップメールノウハウで自動営業

 

購買率の高い見込み客が集まったことで
商品を販売するメドが立ったというわけですが、

一気に売り込みをかけたらいけません。

そこで段階的に商品を理解していただく必要性が生まれてきます。

それを可能にしたシステムがステップメールと呼ばれるものです。

具体的には、
フォームに登録した時点でお約束のプレゼントのurlをお知らせすることから始まり、

翌日から段階的に商品を理解していただき、
やがて購買意欲が高まるころを見計らって販売ページのご案内をするといったものです。

 

 

 

 

リサーチと営業までの自動化

 

いままで解説した

1.登録フォーム作り

2.ステップメール

3.販売ページ

を連動させると以下のようになります。

1.検索してサイトに訪問してプレゼントに惹かれて登録してくれる。(登録フォーム)

2.その後も一定間隔でメールが届いてさらにプレゼントを受け取る。(ステップメール)

3.購買意欲が高まり、購入してくれる。(販売ページ)

どうでしょうか、
これらは複数のスタッフが必要とされる仕事量です。

それがすべて[インターネットビジネス総合サービス]ひとつだけで
賄えるということです。

 

 

 

成果の最大化のためにステップメールノウハウを学ばなければなりません

 

以上で紹介したシステムを構築するだけでも成果は上がって行きますが
それに満足してはいけません。

つぎには最大化を目指さなくてはいけないのですが
それを学ぶためにはステップメールノウハウが必要になります。

 

 

 

ただ、
ここからが問題なのですが、
再現性が低いノウハウが多く出回っていることです。

これについてはここでは書ききれませんので
特設ページで見ていただくことにします。

 

ちなみに私が購入した教材は11にもなり

合計 1,687,360円

となっています。

そんな私が、
「これは紹介できる」と思った教材も
紹介していますのでぜひごらんになってください。

 

 

 

 

WordPressの始め方【カスタマイズマニュアルが無料】

WordPressを始めるのは「今」です!

このマニュアルは
・レンタルサーバーのお試しと解約のしかた
・インストールから初期設定マニュアル
・おすすめテーマをカスタマイズする手順
ほか20項目以上の項目を完全網羅していますので
わずか一日で使えるブログにすることができます。